肘内障

肘内障

お子様の肘内障でお悩みの方へ

  • 子供が手を全く使おうとしなくなった
  • 子供の手腕に触ろうとすると嫌がる
  • 子供が急に泣き出し腕を動かさなくなった
  • 子供の腕がだらりと下がっていて心配

肘内障
施術
 

4歳の娘の右腕の痛みがあっという間に良くなりました! 芝原さん32歳主婦

どのような症状でお悩みでしたか?

 
4歳の娘が家の中で転んで、右腕を動かすと痛がってずっと泣いてました。
 
手をあげてみてと言っても、だらんとぶらさがったままでした。
 
土曜夕方だったため、なかなか開いている病院がなく、こちらが開いていたので、本当に本当に助かりました!
 
人見知りの娘も優しい先生ですごく安心していました!
 

施術を受けて、どのように変化しましたか?

先生がすぐに腕を見て下さり、一瞬で治してくださいました。
 
その後すぐにDVDを見せてくれて、キッズコーナーで遊ばせてもらうとすぐに右手も上がるようになりました。
 
整形外科に行っても小さい子の腕を見たことがない先生が何度かあり、手が痛がる娘を前に何でもできずツラい思いをしたことがありましたが、こちらの先生に出会えて、また何があれば見ていただけると思うだけでも安心できて、本当に感謝しています。
 
土日祝19:00までというのも、親としては本当にありがたいです。
 
遅くまでありがとうございました。またお願いします。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません
 

肘内障とは


よく肘(ひじ)が抜けたといわれるものが、この症状です。
 
2、3歳から小学入学前までのお子さんが、急に手や手首を強く引っ張っられたり、ねじったりした時に、突然痛がって泣きだし、腕をだらりと下げて動かさず、全く手を使おうとしなくなってしまいます。
 
また寝ている間にどちらかの腕を下にして寝返りをした時に発生することもあります。
 
特に、腕を上げる動作を拒み、誰かが手を持ち上げようとしたり、腕に触ろうとすることを嫌がります。
 
親御さんから見ると、「肩が脱臼した」「手首が抜けた」という風に見えると思います。
 

肘内障はどうして起こるのか?

肘内障は、前腕(肘から手首までの部分)の親指側にある橈骨(とうこつ)という骨の骨頭という先端の膨らんだ部分が、それを安定させている肘の輪状靱帯(りんじょうじんたい)からはずれかける亜脱臼を起こした状態です。
 
手や手首を強く引っ張っられたり、ねじったりした時に亜脱臼が起こってしまったと考えられます。
 

ほさき整骨院で行う肘内障施術

ほさき整骨院では、肘の関節周辺の腫れ・骨折や鎖骨の骨折などがないか注意深くチェックし、問題がなければ手技により脱臼した肘の状態を元に戻す方法で行います。
 
この整復施術はあっという間に終わり、痛みも瞬時になくなるので大泣きしていたお子さんも泣きやむことでしょう。
 
またこの亜脱臼が完全に整復されると、お子さんはお子さんは自分で肩の上まで腕を挙げるようになります。
 
お子さんの腕・肘・手首に異常を感じたなら、ほさき整骨院にまずはご相談ください!
 

施術料金・施術回数

施術料 7,000円

肘内障の場合、原因が明確なのでカウンセリングがほとんど必要ありません。
 
また施術時間も短くて済み、1回で整復することが出来ます。
 
なので他の施術とは違い、肘内障は特別価格で行っております。
 

当院へのアクセス情報

院名ほさき整骨院
住所兵庫県神戸市垂水区青山台4-8-18 森ビル1階
予約完全予約制とさせていただいております。予約時間の5分前までにお越しください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話078-752-3310
LINE