ブログ

ブログ

坐骨神経痛について

ブログ
2018年02月11日

坐骨神経痛とは、

殿部(お尻)から足の指先までに起こる痺れや痛みを中心とした症状をのことをいいます。

例えば、

膝から下だけの場合や臀部と太ももの症状という時もあります。

また、

一部分だけに痛みや痺れ(お尻のみ、太もものみ、足先のみといった場合)が出ることも時としてあります。

その症状の種類も様々で、

軽いものでは筋肉が突っ張るような軽い違和感や鈍痛というものから、

強い痛みや痺れ・さらには麻痺・感覚がほとんど無くなるといったこともあります。

これらの症状がひどくなると、

日常生活動作に支障をきたします。

日常生活動作といっても、

椅子から立ち上がる、

寝返りをうつ、

前かがみになるといった日常のほんの些細な動作です。

坐骨神経は、

背骨の腰椎と仙骨と呼ばれるところから出ている末梢神経で、

腰から骨盤とお尻を抜け、足先まで通っています。

坐骨神経は人体の末梢神経で最も太く非常に長い神経であり、

足に痺れや痛みを感じる際は、

この坐骨神経が問題となっている可能性が高いため、

坐骨神経痛と呼ばれています。

坐骨神経痛の原因には、

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・梨状筋症候群

・中臀筋小臀筋の筋膜損傷

などがあります。

この内梨状筋症候群とは、

殿部にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫して起こる疾患です。

これは坐骨神経が梨状筋の隙間を通っているために起こるもので、

この梨状筋の異常はおおよそ80%の人に先天的にある言われています。

また、

中殿筋・小殿筋の筋膜損傷からくる坐骨神経痛とは、

殿部の筋肉(筋膜)に小さな損傷ができ、

その損傷が放散痛という別の場所(坐骨神経が通っている部位)にまで症状を拡げる状態です。

病院で坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニアだと言われることが多いですが、

実際には椎間板ヘルニアと診断される患者さんの80%以上は中殿筋・小殿筋の筋膜損傷が原因です。

以上のように坐骨神経痛になる原因は様々です。

これらの坐骨神経痛を起こす原因の背景には必ず

「骨盤の歪み」

があります。

骨盤が歪むと当然骨盤に付着している筋肉の

梨状筋

中臀筋

小臀筋

などにストレスが掛かり

筋肉・筋膜損傷の原因になりますし、

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症も背骨の土台である骨盤が歪むことにより発症するリスクが高まります。

ほさき整骨院では、

足の痺れの場合も根本の原因である

「骨盤の歪み」

を整えて、

血流を改善させて症状を改善していきます。

マスクが風邪予防になる本当の理由とは

風邪
2017年12月30日

前回の記事で
風邪の予防にマスクが重要と書きました。

今回はその説明をしますね。

非常にキツイ花粉症であった私はマスクが大嫌いでした。

花粉症対策にマスクを着用する方も多くいらっしゃり、
有効であるような情報もあったので何度かトライをしました。

しかし、
余計に鼻がぐずるといいましょうか、
苦しくなって鼻をかみたい衝動にかられ、
結局私にとってはマスクは無用なアイテム以外の何ものでもなかったのです。

ところが花粉症を大幅に改善させることに成功してから、
むしろマスクを着けている時の方が感じ良いと思えることが多くなりました。

その理由は、
適度な湿度とそれに伴う加温が原因なのではないかと思うのです。

あくまで私個人の感覚ですが、
鼻腔(鼻の穴の中)はある程度の湿度を保っているのが私には心地よいのです。

もちろん、
ずっとマスクを着けっぱなしでいるということではなく、
着けたりはずしたりしています。

さらにこのマスク着用が風邪の予防にも役立っているようです。

その理由とは、
マスクを着用することによって、
ウィルスの進入をシャットアウトするということではありません。

市販のマスクにも

『花粉・ウィルスを99%以上カット!』

のような謳い(うたい)文句をパッケージに書いてあるものもありますが、
ウィルスは100%防御しないとあまり意味がないのではと思っています。

なぜなら、
ウィルスは繁殖しやすい環境があれば、
とてつもない速度で増えていくからです。

しかし、
ウィルスは一定数になるまで悪さをしません。

なので、
100%完全にウィルスをカットすることを目指すよりは、
ウィルスが増殖しない体の状態を作ることの方が現実的ですよね。

そういう意味でマスクが重要になってくるのですね。

ポイントは、

・風邪ウィルスは感染経路が鼻腔からが多い
・ウィルスは高い湿度と温度に弱い

ということです。

マスク着用により、
鼻腔の湿度を維持し加温効果が期待できます。

だから風邪の予防にはマスクが強い味方になってくれるのです。

風邪の各症状で薬を使わないもっとも効果のある対処法とは

風邪
2017年12月29日

今回は風邪を引いた時に、
私の経験でもっとも効果のある対処法を
それぞれの症状に分けて紹介していきますね。

1.内臓系(下痢や嘔吐)
風邪にかかるのは疲労の蓄積からです。

当然内臓が疲れている場合もあります。

下痢や嘔吐の症状が出た場合、
私が行うことは

『絶食』

これだけです。

下痢や嘔吐は内臓が疲れ切っているから、

「これ以上は食べ物を処理できないから入れないでっ!」

という内臓からの合図だと捉えています。

その疲れを癒してあげようとすれば、
休めてあげるのが一番です。

つまり、
内臓への負担を減らしてあげることが、
食べないという選択に繋がるわけです。

但し、
水分補給はしっかりと行います。

水分は水かお茶です。

2.発熱
熱が出た時の入浴には賛否両論ありますが、
私は入ります。

ただ普段とは違う入り方というのがポイントです。

そのポイントとは、

・長湯しない → 体力の消耗を防ぐ
・体は洗わない → 体を冷やさないようにする

ことです。

つまり、
適度な時間湯船に浸かることだけを行います。

適度な時間とはジワッと汗ばんでくる程度と考えてください。

そして、
口に適量の水を含み浴槽に入ります。

口の中の水がドロドロになってきたら、
吐き出してください。

お風呂から上がってすぐに着衣しコップ一杯の水を飲みます。

入浴後にも汗が引かず、
着ているものが汗で濡れてしまった時はすぐに着替えてくださいね。

そのままにしておくと体が冷えてしまいますから。

汗が出なくなり落ち着いたらすぐに布団に入ります。

発熱していても、
足先は冷えているはずです。

決して寝る時にも布団から足をが出たりして、
冷やさないよう注意します。

3.咳やのどの痛み
はちみつと大根を使います。

タッパや器に輪切りにした大根を入れ、
たっぷりのはちみつをかけます。

しばらくそのままにしておくと
大根から出てきた水分とはちみつが混ざり合った
エキスがうわ澄み液のように溜まっていきます。

その液体を原液のまま、
またはお湯で割ったりして飲みます。

私は最近は使ってませんが、

『大根湯』

も風邪の諸症状に効果があるといわれていますよ。

参考にしてくださいね。

次ページへ »« 前ページへ